アレルギー検査で出た驚きの結果!

Pocket
LINEで送る

ダニやスギ花粉症を根本から改善する「舌下療法」を知り、12歳以上からできるということで長男以外の家族全員でやってみることにしました。

まずは舌下療法を行っている病院を探し、家族四人でアレルギー検査をし、結果を聞きにいきました。

吸入系や食物系のアレルゲン39種類を調べられる血液検査です。
さて、結果は・・・。

< 私 >

私はハウスダストとダニがアレルギーレベル「3」でした。
それ以外はスギが「1」(ほとんど症状はない)で、あとはありませんでした。

< ダンナ >

ダンナ、多っ!!!
春〜夏〜秋と飛んでいる花粉にアレルギーがあります。
それじゃあ、年がら年中咳やくしゃみ、しているはずだわ・・・。

そして連動して食物のアレルギーもありました。

花粉症の人は、果物や野菜に対して口腔アレルギーが出ることがあります。

花粉に含まれるたんぱく質と似ているたんぱく質が、野菜や果物にも含まれていて、関連のある野菜や果物に口腔アレルギーを起こしてしまうらしいのです。

だいたい花粉症の人の10分の1くらいの人は、その危険性があるとか。

スギ・ヒノキ=トマト

ハンノキ・白樺=リンゴ・桃・梨・さくらんぼ

カモガヤ=メロン・スイカ・トマト

ブタクサ=バナナ・スイカ・ズッキーニ・きゅうり

よもぎ=人参・セロリ・メロン・キウイ・リンゴ

ダンナはアレルギー検査でも「バナナ・リンゴ・キウイ」に反応が出ています。

大豆やゴマ、ピーナツには今のところ症状は感じていないみたいなんですが、出る可能性もあるようです。

子供の頃は、リンゴ食べて吐いてしまったとかあったみたいですね。
キウイやメロン・いちご・マンゴーなども、喉の奥がイガイガするらしく、食べません。

でも、ダンナはハウスダストやダニにはアレルギーないんですよ〜!

さて子供たちです。
長女は小さい頃1回しておりスギやダニにアレルギーが陽性なのはわかっているということで、あとは次女が検査したのですが、その結果は・・!

< 次女 >

えっ!?<( ̄口 ̄||)>ナニコレ!

ダニもスギも組み合わさったハイブリッド型じゃないか〜!

しかも、スギなんてアレルギー数値振り切ってるし!!

これじゃ次女も年がら年中くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみ訴えてるわけですよね。

ちなみにちょっと気になった「マラセチア」。数値が2だけど、何?

調べてみたら、皮膚にいる常在菌の一つで皮脂が出やすい所に生息している。
アトピーの人には繁殖しやすいとか・・・。

つまり、次女は汗などによって増えるマラセチアの菌にアレルギー反応を起こし、アトピー症状などを悪化させる危険があるということ。

次女には口うるさく、スキンケアしなさい!と言っているのだけど、これからさらに、徹底させなくては。

ちなみに、なぜか「ゴキブリ」と「カニ」の数値が1。

まあゴキブリはアレルギーじゃなくても触りたくはないですが、次女はカニが大好きなんですよね〜。

「あまり食べられないね」って言ったら、「いや、食べられる!」って言ってましたけどね・・・。

しかし、私「ダニアレルギー」とダンナ「スギ・その他の花粉症」の両方のアレルギーを受け継いでしまった次女。

DNA検査か?と思ってしまいましたよ〜。

この結果を受けて、ダンナと次女は「スギ」の舌下療法、私と長女は「ダニ」の舌下療法をこの日から始めました。

しかし、ずごく時間かかりました・・・。
次回はその続きを↓
アレルギー検査から初・舌下療法への流れ。

舌下療法について書いた前回の投稿↓
公約以前に、杉花粉症は保険診療での根本治療法がありますよ。

育児マンガ目次


ランキング参加中!どれかをポチッとお願いします。

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る