アレルギー改善のためにやった事。できなかった事&失敗。

Pocket
LINEで送る

さて姉妹ともアトピー発症となり、家でのケアとアレルゲン除去を指導されました。

1.肌のケア

普通、赤ちゃんは1ヶ月くらいベビーバスで洗って、その後は大人も一緒のお風呂に入っていいのですが、長女はまだ1歳。
二人をいっぺんにいれてお世話をするのは大変そうなので、次女は生後3ヶ月くらいまでベビーバスで洗っていました。
でも、さすがにベビーバスがきつくなってきて・・3人で入ることにしました。

一人ずつ拭いてオムツ、全身にプロペト(ワセリン)や湿疹にはロコイドなどを素早く塗り、服を着せる。
どちらかが泣いてもひたすら任務を遂行・・・私はほぼマシーンと化してました(笑)。

2.掃除と布団の掃除機かけ

アレルゲン(ダニ)を除去するのには洗濯や掃除は必須ということで、布団の裏表を布団専用のノズルで吸い取るのですが、これが時間かかる!
布団、マットレス、毛布、枕。全部裏表。
そして、掃除機をかけている間にも姉妹が私を呼ぶ声が・・・!(゚Д゚*)ムリー

私自身が壊れそうになり、あまりちゃんとできませんでした。

3.ダニが嫌がる環境へ変える

小まめな掃除は無理!!!
なので、普段掃除が楽になるように、ダニが発症しにくい環境へ変えることにしました。
布製のソファーは、合皮のベンチに。

カーペットははがしました。

4.布団丸洗い

ところで、子供の布団は水洗いできるものを選んだのですが、実は布団を水洗いしようにも洗濯機に入らないことに気がつきました!( ̄▽ ̄;)

そして結局布団自体は長いこと洗っていませんでした・・・。

でも、家からそんなに遠くない場所に大型コインランドリーができ、去年ようやく布団の水洗いと乾燥をしてきました。

実は水洗いだけだとダニは死にきらないらしいのですが、高温の乾燥でかなり効果があるそうです。

今のコインランドリーって、洗いから乾燥までノンストップでできるものがあるんですよ〜。すごい!

かけ布団はこれでいいとして、子供たちは今ベッドで寝ているので、マットレスは難しい・・・。
そこはやはり定期的に布団乾燥機と掃除機しかないですね。

近くにコインランドリーがない、また持っていけないという人は、宅配の布団水洗いサービスもあるようです。

夏に大繁殖したダニが死滅する秋は、アレルゲンが増える時期なので、特に効果的です。

●ダニ対策で失敗!

そうそう、出産後退院して家に戻る前に、旦那がバルサンを焚きました。

すると、水槽の小エビが全滅・・・!

液体にも殺虫成分が溶けてしまうので、何か飼っている人は気をつけてくださいね。

●わかっていてもできなかったこと・・・。

しかし、できなかったことがあります。
それはぬいぐるみの除去。
愛着を持っていたり、そのうち次女とおままごとで使っていたりしたので、捨てられませんでした。

ぬいぐるみはダニの温床になりやすいのですが、今も子供部屋にいくつかあります。
もしアレルギーが重症だったら、やはり良くないと思いますが・・・。

しかし、ぬいぐるみを洗う方法もあるようです。

やっぱり仕上げに乾燥機にはかけた方が良さそうですね。
今度やってみようかなぁ。

育児マンガ目次へ


ランキング参加中!どれかをポチッとお願いします。

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る