食物アレルギー経口負荷試験て、何?

Pocket
LINEで送る

この記事はサイト移転に伴い移動しました。↓

小児科から紹介状を書いてもらってから予約した国立病院で、長男の今までの経過を話しながら、診察してもらいました。

そしてその先生から
「実際にアレルゲン物質を少量食べさせて、どういう反応が出るのかを判定するため、負荷試験を受けますか?」と聞かれました。

食物アレルギー経口負荷試験とは

血液検査で陽性判定が出ていても、実際に食べてアレルギー反応が出るとは限らず、またもしアレルギー反応が出るとしたらどういう反応がでるのか、どれくらい強いのかを、いざという時対応できる医療施設で行うことです。

1回の入院で1種類、そしてその時は決まった種類(牛乳、卵、ピーナッツ、小麦など)しかできないということでした。

その時長男は3歳。


ブログを引っ越しました→
https://suisite.netにブックマークをお願いします。 こちらのサイト(https://suillustration.siteはもうすぐ削除予定です。)

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る