安心するのは早かった!また学級閉鎖、原因は・・・

Pocket
LINEで送る

免疫力を高めるためヨーグルト生活を細々と送っているのですが、先週の朝、起きてきた長男が

「喉が痛いよ〜!」と言って泣き出しました。

熱をはかると38.5度・・・!

これはまた学校をお休みさせなければ、と次女にお休みするとの連絡帳を持っていってもらいました。

すると10時くらいに学校からのメール連絡で、その日長男のクラス34人中21人が欠席(そのうち20人が病気、1人は用事でお休み)だったらしくなんと今シーズン

2回目の学級閉鎖が決定しました!

しかも出席していた児童もすぐに学校まで迎えに来て下さいとのこと!

学級閉鎖になると学童保育にも行けないので、働いている両親はどうするんだ?と思いましたね・・・。

昼近くに長男を病院へ連れて行き、インフルエンザの検査もしたのですが、陰性。
先生いわく、

インフルエンザA型ならもう陽性反応が出ます(その時発熱が確認されてから5時間くらい)。

でももしインフルB型だと、発熱から12時間たっても陽性反応がでない場合があるので、もし頭痛が出たり熱が続いたら、また診察に来て下さい。

とのことでした。

去年の11月にクラスでインフルB型が大発生して学級閉鎖になったのに、まさか今さらインフルB!?

(ちなみに予防接種2回目も受けましたが)どうなってるんだ?と思っていると、長男が

「お腹が痛い・・・」と言うではありませんか!

これはまた、去年の悪夢が蘇るのか・・・・!?(((;꒪ꈊ꒪;)))

午後には先生から電話が来ましたが、やはり嘔吐と腹痛を訴える子供が多かったらしい・・・!

インフルも嫌だけど、ノロとか感染性胃腸炎の方がもっと厄介!!!

インフルは治療薬があるし、イナビルに至っては一回の吸入だけで済む!

でも感染性胃腸炎は直接の治療薬がない。(胃腸の薬などはあるけど、結局体外へ出されるのを待つしかない)しかも、吐いたり下痢がひどい場合、掃除洗濯も大変だし、周囲への感染力がすごい!

過去、ノロウィルスで一家全滅だった時は、本気で

「オワッタ・・・( ꒪﹃ ꒪)」と思いました。

しかし長男は、去年の時の症状よりは軽く熱も下がり、お腹が痛かっただけで下痢も嘔吐もなく、3日ほどたつと食欲も戻ってきました!!

そして学校からのお手紙が来たのですが、長男のクラスの休み状況が

インフルエンザ4名、インフルエンザ様症状3名、腹痛・嘔吐症状13名、とありました。

インフルエンザの次は胃腸炎系の風邪で2回目の学級閉鎖になってしまった長男のクラス。

勉強もかなり他のクラスに遅れをとってしまいました。

今シーズン、3人の子供のうち2人で3回の学級閉鎖、1人怪我でお迎えとなっています。

さっきも書いたとおり学級閉鎖の場合は学童保育には行けません。(学童は普通3年生までですが)
もし両親ともフルタイムで働いている場合はかなり厳しいですよね。(実は私も働いていますが、在宅です)

これ以上何事も起きないのを祈るのみです!

が、やっぱり起きました・・・。↓


ブログを引っ越しました→
https://suisite.netにブックマークをお願いします。 こちらのサイト(https://suillustration.siteはもうすぐ削除予定です。)

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る