夏祭りのおみやげ

Pocket
LINEで送る

毎年恒例の近所の夏祭り。

ずっと子供達と一緒に行っていたのですが、友達と行き出した長女に引き続き、今年は次女も友達と行く、と言い出しました。

でも小1の長男は「行きたい!早く行きたい!」と大はしゃぎ。

人混みの中に行きたくない、というダンナも無理やり引き連れて、夏祭りへ。

だって男の子は余計に、親と夏祭りに行くなんてあと1〜2回かもしれないじゃない?

 

このお祭りはけっこう盛大で町内中の子供達が来ているという感じなので、すれ違う顔に

「あ、あの子あんなに大きくなったんだ!」と密かに驚くこと数回。

昔一緒に夏祭りに来ていたママ友もいつのまにか連絡をとらなくなっていたり、母親にべったりで甘えん坊だった男の子が友達と楽しそうに夜店を巡っていたり・・・。

毎年、やっぱり変わっていきます。

子供が小さいとき、大混雑のお祭りに連れてくるのも帰るのも大変で、早く大きくなって、と思っていたけど、ちょうどいい時期なんて本当に数年。

気がついたら、子供達は友達や恋人と行動したくなっているんですよね。

 

でも今年は、長男初めての金魚すくいをしました。

意外と上手で数匹すくい、一緒にやった私よりも大漁!

3匹ずつ持ち帰って、何もいなくなっていた睡蓮鉢に離しました。

殺風景だった睡蓮鉢に、鮮やかな赤色が映えています。


ランキング参加中!どれかをポチッとお願いします。

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る