「夏の思い出3」〜木工作の落とし穴〜

Pocket
LINEで送る

今年の夏休みも終わってしまいましたが、またもや自由工作の話です。

次女が2年生、長女が4年生くらいの時「今年の自由工作は木で何か作りたい!」と言いました。

「また自由工作か・・・。」と思いながらも、子供たちと何を作ろうかネットで探してみました。

するとちょうど良く、姉妹が作りたい物(本立て、宝石箱)の材料がキットになっているものを見つけて、2つ購入しました。

長女は宝石箱、次女は本立て希望。
材料は入っているものの、自分の作りたい物の寸法に板を切らないといけませんでした。

「まあそれくらいはしょうがないよね」と思いつつ嫌な予感・・・。

ノコギリでまっすぐ切るって、なかなか難しいんですよね。

木屑が出るので、暑い中外で作業。
でも案の定ノコギリで切ることがうまくできない二人。

本人たちもこんなに面倒だとは思っていなかった様子・・・。


ようやく板を切り終えて、組み立てに入りました。
でも、次女の本立てがなんだか変!

・・・って、1枚だけ1センチ短く切っているではありませんか!!!( ̄Д ̄lll)

それに合わせて他の板も1センチ短く切りそろえないと、組み立てられないことが判明

ショックでフテクされる次女・・・

すると今度は、宝石箱を組み立てていた長女が

「ママ〜!釘がすぐ抜けちゃう」と言うので見てみると、

キットについていた釘が短かすぎるため、うまく固定されないことが判明!

・・・・・( ̄⊥ ̄lll;)・・・・・


少し長めの釘、仕上げ用のペンキとハケを買いにホームセンターへ。

帰ってきて、長女が新しい釘で板を打っていると、釘がまっすぐに入っていない場所で板の途中から釘がでてきてしまっているので私が抜いてやり直し。

さらに板が割れて釘でうまくとまらない場所をカバーするためにボンドでも固定すると、今度はボンドが足りないと言う。

あげくに引き出しもうまく入らない????

オゥ!\(◎∠◎)/マイガーッ!!

親子で四苦八苦した後、なんとか組みあがりペンキ塗り。

永遠に続くかと思われた木工作でしたが、ようやく本立てと宝石箱が完成しました!

でもね、ほんとに疲れたよっーーーーー!

木工作って、簡単にできそうなイメージですよね。
でも「完全」なキットでないと、結構大変です!!!

低学年の場合、親は自分が作るより大変になることは覚悟した方がいいかも・・・。

まあそのぶん、出来上がった時は嬉しいのかもしれませんが。


ランキング参加中!どれかをポチッとお願いします。

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る