ヒヤッとした体験 〜まさか感電!?〜

Pocket
LINEで送る

子供が小さい時は、家の中でも危険がたくさんあることに注意しないといけません。

でも、注意しているつもりでもついうっかりしてしまうことがありました。

 

長女が2歳、次女が1歳の頃のことです。

その時、次女は前日高熱を出してお風呂に入れていなかったので、日中にシャワーで洗っていました。

すると、突然リビングにいるはずの長女の泣き声が!

何かと思って急いで出てみると、長女は廊下で座って泣いていて何やら焦げ臭いにおい・・・

廊下のコンセント穴はススけていて下には小さな鍵が落ちていました。

もしかして、感電!?

私はパニックになりました。

大慌てで、前日次女を診察してもらった病院へつれていきました。

幸い、軽いやけどですみましたが、感電させてしまったことには本当に責任を感じました。

でもまさか、引き出しの中に入っていた小さな鍵を取り出してコンセント口に入れるとは!

コンセント口はかなり下の方についていましたが、子供にとってはけっこう目につく場所なんですね。

引き出しにはチャイルドロック、コンセント口にはタップをとりつけるなど対策は必須だと改めて思いました。

そうそう、病院から帰ってきたら玄関のドアが開けっぱなしで「ドロボー!?」と一瞬思ったのですが、単なる閉め忘れでした。

私も相当気が動転していたみたいです・・・。

次へ↓

水銀体温計パニック!


ランキング参加中!どれかをポチッとお願いします。

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの無断使用・転載はおやめください。

Pocket
LINEで送る